人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

PMTCの起源

僕がPMTCを行わない理由を考察するにあたって、まずはPMTCの起源を探ってみましょう。

1970年代、スウェーデンのカールスタッドという小さな町で、後に世界の歯科治療を転換させる大きな取り組みが行われました。

それまでの学童の予防といえば、学校の集団歯磨き指導が一般的でしたが、子供は自分では上手に磨けません。

そこで、当時のスウェーデン・イェテボリ大学歯周病科ヤン・リンデ教授と医局員だったペール・アクセルソン先生は、「歯科衛生士に定期的に磨いてもらえば、将来的に虫歯や歯周病は予防出来るのではないか?」という仮説の下、プロジェクトをスタートさせました。

スタートから数年後、それまでは1年間に数本ずつ増えていた虫歯や歯肉炎はほとんど見られなくなりました。

さて、このカールスタッドの研究は、予防の原点として日本の歯科医師や歯科衛生士にも有名ですが、本当に正しく伝わったのでしょうか?


前回、ブログでも取り上げてましたが、日本で紹介されているPMTCの説明を要約すると、

専門の、あるいは専用の、あるいは特殊な医療機器で、(回転器具の事です)

専門家(歯科医師、歯科衛生士)が、

フッ素含有のペーストを用いて、歯の汚れを完璧に除去する。

要するに、日本では「歯科衛生士が磨いてあげる事が大切」と理解され、ゴリゴリと振動する回転器具で磨く手法をこぞって取り入れ、これをPMTCと呼ぶようになりました。

アクセルソン博士の定義を要約すると
「予防歯科看護師、歯科衛生士、歯科医師のような特別な訓練を受けた専門家により、器具フッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面の歯肉縁上および縁下1〜3mmのプラークを機械的に選択除去する方法」
となっています。


いったい何が違うの?


全く一緒じゃないか!


と思いますよね?


続きはまた今度!!
PMTCの起源_a0135326_06495884.jpg

by tsukidate-dc | 2020-01-31 23:59 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

【衝撃】PMTCやりません⁉︎

みなさん、PMTCの事はご存知ですか?


メインテナンスに通院している方や、よく歯医者に行かれてる方、予防に関心高い方は耳にした事があるかも知れません。
【衝撃】PMTCやりません⁉︎_a0135326_21365912.jpg


PMTCとは?
歯科医院で行なわれる専門家による徹底した歯面清掃をPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいます。専用の機器とフッ化物入り研磨剤を使用して、歯みがきで落とせない歯石や磨き残したプラークを中心に総ての歯面の清掃と研磨を行ない、齲蝕や歯周病になりにくい環境を整えます。

PMTCでは歯科医師あるいは歯科衛生士などの専門家が、ホームケアでは行き届かない部位を中心に、総ての歯面の歯石とプラークを除去・研磨します。歯石除去では、スケーラーという器具を使って機械的に歯石を取り除きます。また歯面清掃では、歯の表面に付いたプラークや着色を専用機器とフッ化物入り研磨剤を用いて除去します。
  (厚生労働省管轄e-ヘルスネットの解説)
【衝撃】PMTCやりません⁉︎_a0135326_21371895.jpg

因みにWikipediaでは
専門的機械歯面清掃(せんもんてききかいしめんせいそう、Professional Mechanical Tooth Cleaning、略称:PMTC)とは、スウェーデンの歯科医師ペール・アクセルソンが提唱した予防歯科医療の施術。アクセルソンによると、その定義は「歯科医療従事者(特にトレーニングを受けたデンタルナース、歯科衛生士、歯科医師)によって行われる歯科医療サービスで、プラークの選択的除去」である。歯肉縁下1 - 3mmまでに存在するプラークを機械的に操作するインスツルメントとフッ化物含有ペーストを用いて除去する。深い歯肉縁下プラークバイオフィルムも除去する場合は、広義のPMTCと表現する。


とあります。


試しにPMTCでググってみて下さい。ありとあらゆる歯科医院がPMTCについてインフォメーションしています。


PMTC治療クリニックという表記医院まであります。予防歯科=PMTCと断言している先生までおられます。


日本全国津々浦々、どこの歯科医院でも行っている処置です。スウェーデン🇸🇪から発したPMTCですが、今やスウェーデンスタイルの歯科医院ではなくても当たり前のように予防治療として実践しています。


そんな中、まさかの「PMTCは行っておりません」と、堂々と公言する歯科医院があったのです。


予防中心となりつつあるこのご時世に、なんたる事でしょう!


今日は思い切って名指しで公開してやります。




その歯科医院とは、、、





青森県八戸市にある






《つきだて歯科》です!!




あ、僕でした。  


テヘッ(๑˃̵ᴗ˂̵)


最初は単純にPMTCについて解説しようと思ったのですが、「何故僕がPMTCをやらないのか?」を深掘り考察した方が面白そうなので、次回から解説していきたいと思います。

by tsukidate-dc | 2020-01-30 21:22 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

新型コロナウィルス

歯科医師会の原稿の〆切が間近なので、ブログは簡単に済ませたいところですが、連日の新型コロナウィルス感染関連のニュースについて、少し触れておこうと思います。

通常のコロナウィルスであれば特に珍しくもなく、風邪の原因の15%を占めています。

コロナウィルスは一本鎖(+)のRNAウィルスでエンベロープ表面に存在する突起によって太陽のコロナのような外観を持つことからこの名が付きました。

ウイルスの増殖は細胞質内で行われ、小胞体ゴルジ装置から出芽します。

エンベロープとは、一部のウイルス粒子に見られる膜状の構造のことです。

RNAウィルスはもともとDNAウィルスよりも変異しやすく、人の鼻腔や細胞膜、口腔内常在菌の細胞に入り込み、ヒトDNAを翻訳してウィルス株を2万株に増殖すると言われています。

ウィルスなので、抗生物質は当然効きません

抗ウィルス薬も今回は新型なので、まだ存在しません。

なので、お医者さんに頼っても点滴による栄養管理とバイタルサインを取る程度じゃないでしょうか。

むしろ、この時期に下手に微熱程度で病院に行く事は感染源の巣窟に身を晒す事になりかねません。

感染すると発熱しますが、それは免疫細胞がウィルスと戦っている証しなので、危険なレベルを除き解熱剤に頼るのもお勧め出来ません。

結局のところ、有事の際は人との接触を極力避け、消化の良い高栄養と、清潔な常温水を摂取して個室で寝るのが1番かもしれません。

情報はSNSを利用して確保すると良いでしょう。

あなたの大切な人達を守る為には必要な事だと思います。

新型コロナウィルス_a0135326_23162989.jpg

それにしても、伝え方にはいろいろあると思うのですが、メディアの報道は不安を煽るような伝え方の一辺倒だと感じました。

例えば、こんなのはどうでしょう!

日本政府の対応から感染対策チームまでの対応の全てを、今こそ密着ドキュメンタリーで伝えてくれたら、我々国民の受け取り方も変わると思います。

例えば、

「ついに日本人の感染者!」

「この人達の努力で、こんなに早く特定出来た」

になるかも知れないし

「水際対策に失敗した」

「あれだけ阻止したのに、100%は難しいんだな」

になるかも知れません(^^)

何より、この対策に従事している人達を応援する気持ちが生まれ、自分達は何をすれば手助けが出来るのかと関心が高まるような気がします。

恐怖に脅えて備えるより有益な気がするし、収束した際は安堵もさる事ながら、達成感すら得るかも知れません。

TVにしか出来ないキラーコンテンツなのに勿体ないなー!

では、原稿に戻ります。


by tsukidate-dc | 2020-01-29 22:48 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

米にも選択の自由を!

今まで一度もCoCo壱を食べた事がないというスタッフと先日CoCo壱にランチに行きました。

気味が悪いと思われちゃうかも知れませんが、若いコ達の【初めてのリアクション】を間近で見れるというのは、オッチャンらにとっては結構楽しいエンタメです。
「こんな旨いの初めてですっ!」とか

「めっちゃ美味しいですね!」に対して

「そうか、そうか、うん、うん、食え、食え!」のやり取りは魔法のやり取りで、楽しくなるし、元気を貰います。


それにしてもCoCo壱のメニューは絶妙だなぁと感心します。ルーの種類、米の量、辛さのレベル、トッピング、それぞれが小気味よくサクサクと選択出来ます。

これも計算か?

ジャム理論の応用か?

個人的な好みを言うと、米が硬めだったらもっと最高です。


今までの経験上、米に関しては
「硬めが好き」とか「柔らかめが好き」とか「炊きたてが好き」など、皆さん結構こだわりがあるように思えます。

でも、お米の硬さを選択できるお店ってないですよね?

例えば、僕は「硬め」が好きなので、米が柔らかいローソンのおにぎりは食べられません。

どれだけスープが絶品でも、麺が柔らかいラーメン屋さんは無理です。

でも麺だと「硬めでお願いします!」が、可能だったりします。

麺もお肉の焼き加減も選べるのに、米が出来ないのは、炊くのに時間がかかるからなのでしょうね。

最初から硬めか柔らかめだけでも選べれば、行けるお店増えるのになーなんて、思ったりします。

今日は以上でーす。

おやすみなさい😴
米にも選択の自由を!_a0135326_23584825.jpg
魚介たっぷりシーフードカレー! 最&高


by tsukidate-dc | 2020-01-28 23:59 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

45年前のパラダイムシフト

約45年前、スウェーデンの歯科医療は大きく変わった。

1970年代のスウェーデンでは、現在の日本と同じように、患者さんの口の中には沢山の被せ物や詰め物が存在し、高齢者は歯の数が少なく入れ歯を装着している人がほとんどだった。


それから45年を経過した現在は、ほんのわずかな治療の痕跡しか見られなくなったのだ。

つまり、45年間で歯科治療(削る、神経を取る、抜く等)を受けていない人が増えたという事だ。

この事は成人(40〜50歳)を対象とした、歯の神経を抜いた歯が何本あるかという調査結果を見ると明らかである。

スウェーデン人で歯の神経の治療を受けた歯は一人当たり1.6本。対して日本では16本だった。

歯周病の治療を受けた痕跡はあっても、入れ歯やブリッジのような機能障害に対して行う回復治療はほとんど見られなくなったのだ。

もし、ブリッジやインプラントなどの治療を受けた人がいても「いつごろ治療しましたか?」と質問すると、大抵は「20年〜30年前です」と答えるという。

現在の20代から30代の若い年齢層では、ほとんどの歯に治療の痕跡がないというのだから驚きだ。

お口の中の病気で代表的な歯周病と虫歯は、細菌によって引き起こされる病気であることはすでに明らかになっている。

スウェーデンでは、この細菌を定期的に取り除く事で病気が起こりにくくなるという実証により「プラークコントロール」という言葉が生まれ、予防体制が確立された。

これが、スウェーデン人の口腔状況が向上した理由である。

虫歯に関しては、プラークコントロールそのものそのものよりもフッ素の上手な活用法と正しい食習慣の重要性が示されている。

歯周病に関してはわずかな比率だが歯周病になりやすい遺伝子が存在する事も解明されている。しかし、このような遺伝子を持っていても、定期検診を継続する事で、そのリスクを早期に発見し、歯周病の進行を停止、あるいは遅延させる事が可能となる。

まさかと思うでしょうが、これほどまでに差がつけられ、日本は遅れているのでござりまする。
45年前のパラダイムシフト_a0135326_03193355.jpg


by tsukidate-dc | 2020-01-27 22:30 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

スペシャルブログ 第一弾 【岡本浩 特集】

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by tsukidate-dc | 2020-01-26 18:30 | Dr.勇樹  

改めて配慮って大切

「想像力が欠けるだけで、優しくない結果になる事がある」というお話。

1月15日のブログで紹介したバナー広告を

改めて確認してみた。

すると、
改めて配慮って大切_a0135326_14455646.jpg
アクセス 白銀駅から車で10分?

???

確かにそうかもしれないが、アクセス方法としてこんなに優しくない案内はない。

当院を知らない人からすると、つきだて歯科を探そうとした時にこのアクセス方法では、まず辿り着けないだろう。

仮にこの案内で当院に辿り着ける人は、電車で白銀駅まで来て、その後タクシーか当院の場所を知っている運転手付きの車で来院される方に限定されてしまう。

しかしながら、この方法で来院される方はほぼいないと言って良い。

よくよく考えるととてもおかしな案内だという事は気付いてもらえと思う。

しかも白銀駅から車で10分圏内だと八戸市内の半分近くの歯科医院がヒットしてしまうだろう。
     (ググれば辿り着ける)

この広告を宣伝に来た営業マンは、わりと一方的に矢継ぎ早にお話されてる方だったので、普段の僕であれば数秒で、
「申し訳ありません。間に合ってます。ありがとうございました」

と会話を遮り、お帰り頂くのだが。師匠の名前を出されて怯んでしまった。

東京の人なので八戸の交通事情をよくわからなかったというなら、共感は出来ないが理解は出来る。
東京では徒歩20分圏内に何処かしらの駅に辿り着けるから、最寄りの駅を案内に入れる事はごくごく当たり前の事なのだと思う。


しかし、仮にも広告マンを生業としていて、実際に当院まで足を運んで下さったわけだから、目の前にある旭ヶ丘営業所が目に入らなかったとしたらまずまずの
ボンヤリさんだ。

目の前でパソコンをカタカタ叩き、(仕事が出来そうな雰囲気は醸し出していた)HPの欠点や改善点を指摘していたが、当院ホームページのアクセスではちゃんと八戸市営バス旭ヶ丘営業所前と記載されているのに、それをわざわざ白銀駅を調べ、ご丁寧に車で10分かかる事まで調べて頂いたんだと思うと、もはや笑えてくる。

決してこの方を攻撃したくて記事を書いているわけてはなく、世の中には意外とこういう方が多くて、自分も含めて悪気はなくても「想像力(配慮)が少し足りなかっただけで相手にとってあまり優しくない結果をもたらしてしまう事があるんだな」という教訓になった。

今回の広告に何かしらの期待をしているわけでは無いので怒りだとか、イラつきは全く無い。

by tsukidate-dc | 2020-01-25 23:35 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

パラドックス(paradox)第三弾【地球温暖化】


パラドックス(paradox)第三弾【地球温暖化】_a0135326_00424356.jpg

「地球温暖化」と聞くと、そう言えば小学生くらいの頃から当たり前のように聞かされてきた気もする。

僕はいわゆる「都市伝説」も大好きなのだが、数年前から都市伝説では氷河期到来が騒がれている。

最初は「え?氷河期?温暖化してるのに?」と思った。

だが、どうやら実際に議論は二分し、論争は続いているのが事実だ。

英ノーサンブリア大学で応用数学や天文学を専攻するバレンティーナ・ザーコバ教授の研究チームが2015年にウェールズで開催された英王立天文学会の国立天文会議で発表した内容は、

「数学モデルに基づいた太陽活動周期から2030年にミニ氷河期がほぼ100%の確率でやって来る」

という衝撃的なものだった。

この研究チームは、太陽の表面近くでも発電効果が起きていることを突き止めた。研究を進めて、太陽内部の異なる2層でそれぞれ電磁波を発見。それをもとに算定したところ、黒点が今後、大きく減少して30年後には、太陽の活動が現在の60%減と大幅に低下してミニ氷河期が到来することが分かったという。

※太陽天文学者の間では、黒点が大幅に減少する「マウンダー極小期」にミニ氷河期が起きるとされている。

ザーコバ教授は「現在の太陽活動周期のデータと比較したところ、われわれの予想が97%の確率で正確だと判明した」と胸を張っている。

米航空宇宙局(NASA)のコンサルタントやスペースシャトルの技術者を務めたジョン・ケイシー氏もザーコバ教授と同様の懸念を表明している。ケイシー氏は昨年9月に出版した自著「ダーク・ウインター」で、ミニ氷河期の到来で穀物の不作や食糧暴動が発生する可能性があると警告し、話題となった。

一方、この発表に他の気象・気候研究者たちが、「地球の気温の変化は太陽活動によるものではない」と猛反発している。
(Wikipediaの地球温暖化の説明に矛盾している)

都市伝説が好きだから、「氷河期が来る」を支持するわけではない。

小さい頃から地球温暖化を「一般常識」のレベルで刷り込まれてきたが、専門家の間で大論争を巻き起こしている事実は受け入れたい。

さらにこの発表から現在に至るまで、氷河期到来を予感させる様々な異常気象が起こっているのは事実だ。
パラドックス(paradox)第三弾【地球温暖化】_a0135326_00525317.jpg
パラドックス(paradox)第三弾【地球温暖化】_a0135326_00530847.jpg
パラドックス(paradox)第三弾【地球温暖化】_a0135326_01034608.jpg
パラドックス(paradox)第三弾【地球温暖化】_a0135326_01040573.jpg
アメリカでの大寒波


思い出してみよう。パラドックス第二弾で取り上げた「ゴミの分別」では、分別しないとどうなるか?の問題に必ず登場する地球温暖化問題があった。

そこで生まれたのが
1、果たして本当に地球は温暖化しているのか?
2、温暖化が進むと地球はどうなるのか?
という疑問だ。

調べてみると、温暖化を含めた気候変動メカニズムはまだ、はっきりとした事がわかっていないようだ。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は

「地球は今後、温暖化する」
「その原因は、人間が排出する二酸化炭素だ」

と断定しているようだが、これに対しても多くの科学者が疑問を呈している。むしろ「寒冷化」になるのではないかと予想する学者の方が多いともいわれているようだ。

本当に温暖化しているのかは、今回答えを見つける事は出来なかった。

では、このまま温暖化が進むと、地球は、いや、僕らが暮らすこの日本はどうなってしまうのだろう。

気象庁が出した気温上昇予想によると、年間平均で3°C程気温が上がり、10月から4月までの寒い時期は気温が高くなり、7月から9月までの夏の気温はそれほど変わらないようだ。

これは日本が四方を海に囲まれている為、気温の変化が少ないという事だった。

という事は、夏は気温があまり上がらず、寒い冬が温暖になるという事だが、、、。

「これはヤバいぞ!温暖化を早く止めなきゃ!」

とはなりにくい。

正直、メリットがあるようにすら感じる。

実際、温暖化が原因で起こる降雨や水害、積雪などは微々たるものと推測されている。台風という異常気象に毎年何度も苦しめられている日本にとって、降雨や積雪は問題ない量と見られているようだ。

生活や健康へのリスクについて、政府や国立の研究所などから多くの報告が出されているが、どれもこれも科学的根拠がないものばかりだという。

実際、目を通してみると、確かに恐怖ばかりを煽るツッコミ所満載の屁理屈ばかりだ。

ここまでは温暖化が日本に及ぼす悪影響は、さほど無い事は理解できたが、それでもまだ不安はある。
温暖化により、北極や南極の氷が溶ける海面上昇問題だ。

長くなりそうなのでこの問題はまた別のブログで取り上げる事にする。

専門家の間でも意見が真っ二つに分かれるような問題が、何故一方は「常識」とされ、一方は「非常識」となるのか、それが一番疑問に感じた。

今回、地球温暖化に焦点を当てたことで一つだけ、はっきりした事は、ゴミの分別を行わなければならない【正義】をまた一つ見失ったという事だ。

そして何気無い、いつかの夫婦の会話からゴミの分別について考察してみたら、地球の氷河期について記述する事になってしまった事に、一番驚いているのは僕である。






by tsukidate-dc | 2020-01-24 23:58 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

「EBMを活用する」 第3章エビデンスベースとメカニズムベース

前回ブログで取り上げたメカニズムベースについて解説します。

日本の歯科医が大好きな思考です。つまり基礎研究重視です。

大事なのは分かります。

僕も決して軽視はしていません。メカニズムが解明される事で新たな治療法が確立される可能性があるからです。

ただ、何度も申しますがバランスが悪い👎

日本の歯科医の中にはメカニズムベースのみで物事を考えている場合が少なくありません。

実験室の中で解明された現象が臨床(ヒト)で再現されなければ意味がないのにです。

そうすると基礎研究者はこう言います
「ヒトという個体差(個人差)が大きいものを対象としたものなど研究にならない」

しかしどうでしょう。

僕等が日々臨床で診ているのはその「個体差(個人差)の大きいヒト」なのです。

当然、同じ治療を行なってもヒトにより反応は異なりますが、「一般的な傾向」は存在します。

ある治療が重症患者の9割に功を奏したとしたら、その治療は効果が高いといえるのではないでしょうか?

そして、これにより治療の第一選択となりうるでしょう。

結局、個体差があったとしても「一般論」は言えるわけで、「エビデンスレベルが高い」という事はいかに「一般的に言える」という事を示すのです。
(ほぼ関野先生の言葉を引用しています)

毎日同じような治療を繰り返している影響なのか、残り1割の難しい症例に没頭し、思考の大部分を費やす臨床家が非常に多いと感じます。

実際、そういった難しい症例を治癒させた時の快感が忘れられないのか症例発表ではそんなのばっかりです。

それも良いけど、9割のヒトをエビデンスベースで救う事が最優先ではないだろうか?と僕は考えてしまいます。

「いや、やった上でなんだよ!」
と、反論されそうですが、それが真実でない事を知っています。

最後に歯周領域での具体例を紹介します。
メカニズムベースの考え方
「プロービング(プローブという器具を用いた歯周病検査)は組織を破壊するだろうからやってはいけない」

エビデンスベースの考え方
「プロービングをしても組織に非可逆的な傷害を起こさない事が実験で確認された」

同じトピックでも真逆の結論に至っています。

さて、どちらが正しいのでしょう。

確実なのは、エビデンスベースが【世界標準】ということです。

そうするとまた「世界標準=正しい」とはならないだろうとメカニズムベース思考の人からクレームが入りそうです。

それを説き伏せるには我々臨床家が何をもって治療のゴールとするのかをエビデンスベースの集積から総合的に解説するのが良いかも知れません。
「EBMを活用する」 第3章エビデンスベースとメカニズムベース_a0135326_02114800.jpg


by tsukidate-dc | 2020-01-23 02:54 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

サブスクリプション

昨晩遅くに投稿したブログは、明日にまわします。

ブログの節約です。

先程、羽鳥さんの番組で「サブスク大流行」を放送していまたが、改めてニュース以外の分野に関して、TVという媒体は2年〜3年のタイムラグ(遅れ)があるなぁと感じました。

もう7年くらい前の話になりますが、このブログで紹介した事のある美容室(現在は無い)でお願いした事があります。

https://tsukidate.exblog.jp/17467390/

ブログにも書きましたが、そこでのヘッドスパが素晴らしく気持ち良かったので、店長さんに
「1年間の定額(ヘッドスパやり放題)のチケットのようなものを販売してくれませんか?絶対に買いますよ!販売してくれたら、母にプレゼントしたいです」と提案しました。
実現はしませんでしたが、母にも伝えました。
「考えておきます」と軽く流されてしまいましたが、この時既にサブスクリプション方式とギフト方式の概念が芽生え、自分の仕事にもニーズがあるかな?と考え始めました。

TVのコメンテーターは
「家具のサブスクがあったら便利だと思うんだけどなー」なんて言ってましたが、感覚が遅すぎます。
現在、家具のサブスクなんて腐るほどありますし、初代バチェラーの久保さんも数年前から家具のサブスクビジネスをやって成功されてます。既に成熟期に入っているといって良いでしょう。

ですからレッドオーシャンとまでは言いませんが、もし大手の大塚家具やニトリなんかが本格的にサブスクを始めてしまったら、今から新規参入しても1発KOされてしまうでしょうね。

アンティークに特化するか、デザイナー家具に特化させて、差別化を図らなければ生き残りは難しいかも知れません。

コンサルみたいになってしまいましたが、とっくの昔に考えていた事なのでスラスラ書けました。今回僕等がやっている歯ブラシギフトにしても、昨日今日の発想ではなく、何年も前からストックしていた挑戦です。世の中の動向を伺い、公開するタイミングはかなり重要だと思います。

今後も僕は本業の歯科医療に影響が出ない範囲内で
「多動力」を意識して活かせる機会を狙いたいと思います。

それにしても、今後もサブスクが僕らの生活にどんどん浸透してくるのは間違いなさそうです。



by tsukidate-dc | 2020-01-22 12:10 | Dr.勇樹 | Comments(0)