人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

学校歯科検診を終えて

お腹の圧迫感で靴下を履くのが辛くなったタイミングでダイエットを始める築舘です。

アイスクリームが美味しく感じられる季節ですが、やってやります。

さて、4月、5月は歯科検診月間でした。

僕も当然参加(ただし、僕は以前も記載した通り、現行の歯科検診不要論者です)したわけですが、小学校と中学校の生徒さんを診させていただいて、いくつか気になる点がありました。

虫歯に関しては、やはり親御さんの意識変化なのか若干減少傾向にあると感じましたが、やはり良く磨けている子と全く磨けていない子の差は大きく感じました。

先日は1歳6ヶ月児検診も行いましたが、その時は、沢山虫歯があるお子さんはほんのわずかでした。

そこで、虫歯が沢山あるお子様を持つ親御さんに注意です。現在は多数歯齲蝕はネグレクト疑いで通報される時代です。我々には通報義務があります。ご注意下さい!

直接注意した時に決まって言われるのは、「遺伝のせいなのか虫歯になりやすい体質みたいで...」や、「暴れて、若しくは眠ってしまって磨かせてくれない」「仕事で忙しい」等です。

残念ながら、現在は通用しません。その虫歯は体質ではなく磨きを怠ったせいです。稀にそういったケースもありますが、歯磨きを行なっていれば、最初の虫歯に気付くはずですし、その時点で歯医者に連れて行かなかった証拠が口の中に残っているわけです。

どれだけ暴れても眠ってしまってもその子の為に磨いてあげましょう!我々のような歯医者に怖い思いをさせられるより、よっぽど幸せだと思います。

当然虫歯は気になるところですが小学校や中学校で特に気になったのは歯列不正(歯並びや噛み合わせ)が多いと感じた事です。小顔になってきている影響なのかは不明ですが、これは他の先生方も同意見でした。

個人的には、歯列不正単体では疾患だとは思っていません。むしろ、個性であるとさえ思っております。勿論、その事で噛めない、歯周病や虫歯のリスクを高めている等の問題は考慮しなければなりませんが、いずれにせよ近い将来、歯列矯正のニーズはもっと増えてくるのかも知れません。

6月も3つの施設での歯科検診が控えておりますので、また何か気付きがあればご報告しまーす。

by tsukidate-dc | 2019-05-30 22:30 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

新発売

大人気!期間限定MIペーストクリームソーダ味。

在庫わずかです。ご注文はお早めに!
新発売_a0135326_19530441.jpg


by tsukidate-dc | 2019-05-25 15:51 | 医院からのお知らせ | Comments(0)  

誕生日おめでとう!

誕生日おめでとう!

若手のホープとして、今後も頼りにしてます。

あと載せ(^^) 

投稿するの忘れてたw
誕生日おめでとう!_a0135326_18344922.jpg


by tsukidate-dc | 2019-05-22 21:26 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

ミスから生まれた達成感

GWの余韻は仕事開始のミーティングで早々に吹っ飛んでしまいました。

次のお盆休みまで、予約はいっぱい(汗)

分刻みのスケジュールの中、やっとトイレに行けたと思ったら小便中に「先生、お願いします!」と4回呼び出された築舘です。

そんな状況の中、今日は妙な達成感を感じ、仕事終わりにスタッフ達にどうしても感謝を伝えたくて集まってもらいました。

何があったかと言うと、、、。

当院の予約ミスから生まれた出来事だったのですが、まずは、これまでの予約ミスへの対処方法をお話しておきます。

人が管理する以上はミスは仕方がないのですが、これまでも度々ダブルブッキング等の問題はありました。そこで、当院では3重チェックが入るようにシステムを構築したのですが、それでもやはりゼロにはなりません。

システム上でさらに管理しようとしても余計に手間が増え、逆にミスが増える可能性があった為、対処としてはこれまでの3重チェックの徹底と順序の徹底を再度確認してもらいました。

通常はこれで大丈夫なはずなのですが、人はミスをする生き物で、無くす事は不可能です。

ミスが生じた時に、犯人探しや叱責は時間の無駄だと判断した僕は、そのミスを上回るフォローに全力を注ぐよう、これまで指導してきました。

因みに僕の中では3種類のミスがあって、それぞれ対処方法が違うので、ちょっと紹介します。

①患者さんに迷惑、不利益になるミス。
取り返しのつくものは諦めずに全力で取り返す。取り返しがつかなくなったら、全力でフォローする。
(ミスされて良かったと思われるくらいのレベルのフォローを考える)
②患者さんの利益になるミス
逆にミスした事を褒める。

③ケアレスミス
無意識に「自分は出来る」という慢心から生まれるミスなので、「ミスするかも知れない」緊張感を持ってもらう。

今回のミスは①で、状況的にも物理的にも時間的にも取り返すのは不可能に近かったのです。ほんの数年前に現在の2倍の人数がいた頃でも、「無理だ」と諦める程の状況でしたが、この1、2年でくぐった修羅場は僕らを強く成長させてくれました。

ミスが発覚した最初の数秒こそ「ヤバいな」という空気が流れましたが、全員が慌てる事なく、諦めずに淡々と乗り切ることが出来たのです。

もちろん患者さんは気付く事もなく、不利益も出しませんでした。当たり前で何事も無かったかのように時間が経過しましたが、僕にとってはとても大きな偉業を成し遂げたような感覚でした。

みんな本当に強くなった。

僕も少しは成長したようです。

少しニヤニヤしながら仕事が出来た。そんな1日でした。










by tsukidate-dc | 2019-05-09 21:27 | Dr.勇樹 | Comments(0)