人気ブログランキング |

カテゴリ:Dr.勇樹( 542 )

 

トイレットペーパー買い占め?バカなの?

タイトルと内容が違いすぎるワイルドな築舘です。

仕事が終わって家に帰り、夕食もそこそこに力尽きてしまう日常に抵抗するべく足掻いております。

出来るだけこれまでの僕の人生からは遠い世界の事を知りたくなり、突然読書やバーテンディング、料理等を学びだすメンヘラぶりです。

昨日はステアに行き詰まったので、師匠に教えを乞いに行ったのですがThe Mindが楽しすぎて、ほとんどバーテンディングの勉強は出来ませんでした。

それでも短い時間で的確に僕の欠点を指摘してもらい、家に帰ってからタンブラーではなくロックグラスでステアしてみたら、回る回る(^^)。勿論まだまだ下手くそですが、これまでにない感覚を得る事が出来ました。初めて補助輪を外して少し長く自転車に乗れた時のような懐かしい感覚に近かったです。

久しぶりに技術を習得する楽しさを味わいました。
トイレットペーパー買い占め?バカなの?_a0135326_21485326.jpg
部屋が日に日にミニバー化しています。

by tsukidate-dc | 2020-02-28 22:00 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

質問コーナー Part3.3

今回は電動歯ブラシ使用に対する僕の個人的な見解を述べて、このテーマを終えたいと思います。


システマティックレビューでの結果と、前回ご紹介した論文の違いはなんといっても期間です。短期間での結果では電動歯ブラシの有益性が確認されましたが、長期的研究の結果では差がありませんでした。

短期間での高い効果を示した理由は恐らく電動歯ブラシという新しい器具でのブラッシングに対する高い興味によるものではないかと思われます。やがて興味は薄れますが、前回の研究では半年に一度の歯周サポート治療で繰り返し口腔衛生指導を受けた為、長期間でもモチベーションが維持され、結果として治療後に悪化する事なく維持または改善を示したのではないでしょうか。

結局のところ、歯周サポート治療において口腔衛生状況を維持する為には何を使用するのかよりも、いかにモチベーションを維持するかの方が重要だと考えます。

手用歯ブラシで上手く磨けている患者さんに、わざわざ電動歯ブラシを推奨する事はありませんし、電動歯ブラシで口腔衛生状況が悪くない患者さんに手用歯ブラシに変えるよう推奨する事もありません。強いて言うなら特別な状況(ケガや病気等)で口腔衛生状況が明らかに悪化傾向を示す場合に、ひとつの選択肢としてご案内差し上げる事はあります。

このままこのテーマを終えてしまうと、音波式電動歯ブラシは効果がないように思われてしまうかも知れませんが、そんな事はありません。あくまでも一般的に言えるのは...という事であり、使用する人の好みや使い勝手の問題もありますし、長期的使用での歯質へのダメージは別問題になります。

つまるところ、歯科医師や歯科衛生士が担当する患者さんの様々な環境や状況を鑑みて、総合的に判断するのが賢明かと思います。

電動歯ブラシについては以上でーす。

ではまた明日!
質問コーナー Part3.3_a0135326_22373428.jpg


by tsukidate-dc | 2020-02-27 22:36 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

質問コーナー Part3.2

昨日の投稿をおさらいしますと、2002年のシステマティックレビューの結論では、「反復回転式電動歯ブラシの使用は有益である」としたものの、比較的短期間の結果であるというものでした。

今日は2008年のイェテボリ大学とフォーサイス研究所の共同研究から、さらに考察したいと思います。

Long-term effect of the combined use of powered toothbrush and triclosan dentifrice in periodontal maintenance patients.
J Clin Periodontol 2008 ;35(2):157-164
メインテナンス患者における電動歯ブラシとトリクロサンコポリマー配合歯磨剤の組み合わせの長期的結果

この【研究の目的】は、電動歯ブラシとトリクロサンコポリマー配合歯磨剤を併用して口腔衛生を行った場合、手用ブラシと通常のフッ素配合歯磨剤を使用した場合よりも臨床的および細菌学的効果が高いかどうかを検証することです。

【研究対象】はSPT(歯周サポート治療)を歯周病の治療後に少なくとも1年以上受けている34歳〜82歳の患者128人です。

【研究方法】は128人を実験群(65人)対照群(63人)にランダムに振り分けます。実験群は反復回転式電動歯ブラシ(Oral-B)とトリクロサンコポリマー配合歯磨剤(Colgate-Total)でブラッシングするよう指示されました。一方、対照群は手用ブラシと標準的なフッ素配合歯磨剤を使用しバス改良法でブラッシングするように指示されました。両群とも1日2回のブラッシングと、歯間ブラシ、デンタルフロス、トゥースピックによる清掃も行われました。この研究は《3年間》続けられました。

歯周サポート治療(以下SPT)は実験開始時(BL)から6か月間隔で遂行され、その際、ラバーカップと研磨材によるポリッシング、歯周ポケット5mm以上の部位に対しては歯肉縁下デブライドメント(優しいお掃除)が歯科衛生士により行われました。歯周サポート治療毎に歯ブラシや歯磨剤等が新たに供給されました。

プラークスコア、BOP(出血)、歯周ポケットの深さ、相対的アタッチメントレベル(ある基準点からの付着の喪失の差)が歯周治療終了後(BL)、1年後、2年後、3年後に記録されました。そして、歯肉縁下プラークのサンプリングが行われ、40種類の細菌の構成が分析されました。

【結果】
両群でプラークスコア、BOP(出血)の減少を示しました。歯周ポケットも両群で平均3.3mmから3.0mmに減少し、6mmを超える歯周ポケットの割合も実験群で4.0%から3.0%に、対照群では3.0%から2.0%に減少しました。相対的アタッチメントレベルは両群とも変化は認められませんでした。細菌の総数は両群で減少していました。《全てのパラメータにおいて両群間で統計学的有意差はみられませんでした》

この研究は、測定者のみの単純盲検でRCT論文です。比較対象が存在し、被験者は128人。しかも3年間という長期間のデータなので、信頼性は高いといえます。

システマティックレビューでは、有意差があったのに何故今回ご紹介した論文では優位性がみられなかったのでしょう?

僕には答えが見えていますが、根拠があるわけではないので、ここでは控えます。

皆さん見当はつきますか?

考えてみましょう!




by tsukidate-dc | 2020-02-26 21:51 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

質問コーナー Part3.1

今回も患者さんから多く寄せられるご質問にお答えします。

テーマは『電動歯ブラシ』です。

電動歯ブラシについての代表的な質問は
「電動歯ブラシに変えた方が良いですか?」
「電動歯ブラシってどうなの?」
「今まで電動歯ブラシを使っていたのですが、辞めた方が良いですか?」などです。

先に答えを言いますと
「どっちでも良いです」

では、ここから解説します。

TVCMなどで、「歯の隅々まで汚れを落とす!」とか「99%の歯垢除去率」なんて耳に優しいフレーズを言われると、やはり気になってしまいますよね?

まずは歯ブラシをタイプ別に大きく分けでみます。
1.手用歯ブラシ
2.電動歯ブラシ(回転式、振動式)
3.音波式電動歯ブラシ

現在使用している方を含め、ご自分が興味のある電動歯ブラシがどのタイプなのか、確認して下さい。

           手用歯ブラシVS電動歯ブラシ

の図式だけだと、少し混乱してしまうかも知れません。

2002年にSiciliaらによって、電動歯ブラシの効果に関するシステマティックレビューが発表されています。

この研究では、単純に歯肉出血、炎症の改善度が高かったかどうかを示しました。現在日本で購入不可能な電動歯ブラシのデータをあらかじめ除いたうえで結果を見てみると、、、

反復回転式電動歯ブラシは手用歯ブラシと比較して効果が高かったとする論文が全5本中4本ありました。

音波式電動歯ブラシは0でした。

この結果から「反復回転式電動歯ブラシの使用は有益である」と結論づけられました。

の、ですが。

この研究はほとんどが短期間のものだったため、より長期的に見たうえで、電動歯ブラシにどれだけの効果があるのか、逆に副作用はないのか等をさらに調べる必要がありそうです。

次回は、スウェーデンのイェテボリ大学とアメリカ(ボストン)のフォーサイス研究所で行われた共同研究を考察してみたいと思います。
質問コーナー Part3.1_a0135326_19563396.jpg

by tsukidate-dc | 2020-02-25 21:02 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

晩酌とつまみ②

昨日買ったスーパーの安肉を美味しく食するをテーマに赤ワインでソースを作ってみたのですが、1度目は煮詰めすぎてあえなく失敗。

生カキは半分は生のまま食べてしまい、半分はガーリックマリネにして保存しました。

本日のお酒は獺祭スパークリング。
晩酌とつまみ②_a0135326_00431020.jpg


by tsukidate-dc | 2020-02-24 23:27 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

晩酌とつまみ

今日は珍しく、家で晩酌!

ジャックダニエルしか飲まないイメージがついてしまいましたが、今日はビールを呑んでみます。

面倒くさがりの僕にピッタリのダイエット法として、自炊したものだけを食す事にしました。

つまみは生カキとステーキ肉とお野菜を少々とソーセージを買ってきたので、今夜はカリーヴルストとビールでチビチビやります。
晩酌とつまみ_a0135326_21045797.jpg
ジャンクフードですが、今回はソーセージ、ジャガイモ、トマトソース、カレー粉、全てこだわりの材料で贅沢に作ってみました。

激ウマです。

by tsukidate-dc | 2020-02-23 19:29 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

71歳の誕生日おめでとう!

2020年、令和2年、2月22日、22:22分の投稿です。

他界した父の誕生日でもあります。

近年の僕は、ビジネス本や自己啓発本を読みあさり、現在は哲学や宗教の歴史を学んだりと、自分を見つめ直し、他人に良い影響を与えられる人物になりたいと切に願っておりますが、本質的な部分では父親との対話を求めているのかも知れません。

いえ、もっと正直にいうと、褒めて欲しいのだと思います。

幼い頃から、父親にはあまり褒めてもらえた記憶がありません。

かといって特別厳しくもなかったのですが、僕は父に褒めてもらいたくて頑張ったアピールをしたり、それなりの結果を報告しても、それに対して

「良くやった」

とか「たいしたもんだ」

と言ってもらった記憶がほとんどないという事です。

思えば僕の深層心理にはいつも父親に褒められたい願望があったのかも知れません。

ただ僕が歯科大学に合格した時は、僕も驚くほど喜んでくれていたようです。

周りの人達からも、「お父さん、喜んでたよ!」

と、いつも教えられていました。

大学に入った時より、国家試験に合格した時より、僕は今頑張っていると思います。

あの頃からの僕の成長をみても、もしかしたら褒めてはくれないかも知れませんが、一言だけ
「頑張ってるね!」
と言って欲しいのだと思います。

明日は休みです。大好きだった父と飲みに行きたくて仕方がない今日この頃でした。

では!





by tsukidate-dc | 2020-02-22 22:22 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

次世代デジタルマイクロスコープ

次世代マイクロスコープ

Next Visionの実機に触れる機会をいただきました。

これまでマイクロスコープの採用には乗り気ではありませんでした。

理由は様々ありますが毒舌がまわりすぎて、ダークサイドに落ちてしまいそうなので、ここでは控えます。

しかしながら、ここ数年の歯の破折症例の増加や、その前段階となるマイクロクラックの存在は無視できない状況です。

今回紹介していただいた株式会社ヨシダのNextvisionは最高倍率80倍に加え、4K高解像度の美麗な画質を実現していました。

国産の新車が買える程の金額なので正直迷いますが、素晴らしい製品である事はこの目で確認致しましたので熟考したいと思います。
次世代デジタルマイクロスコープ_a0135326_23204937.gif



by tsukidate-dc | 2020-02-21 22:57 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

TAO 2

中国2大古典を僕なりに一言で意訳すると
孔子《儒家》の『論語』は頑張る人に「頑張れ!」というメッセージ

『老子』《道家》は頑張る事に疲れた人に「頑張る必要ない」というメッセージ。



今日は老子の【道】=TAOについてのお話です。

少しややこしいと感じたのは、僕は【道】のイメージから道徳を安易に想像していたのですが、むしろ道徳を説いているのは《儒家》の孔子や孟子らです。

では、老子の【道】とはどういう意味なのでしょう?

物有り混成し
天地に先だちて生ず  25章

中略

道、それは万物創生の母であり、無限のエネルギーを持つ物である。

....。

はい???

高等すぎて、僕には理解不能です。

ビッグバン的な??

....。

アホ丸出しで申し訳ありません💦

もう一つの意味は何となく理解できま、、、、


す。

それは『自然』です。

『おのずからしかり』と読みます。

人は大地の営みに支配される。

大地は天の営みに支配される。

天は宇宙の法則である道に支配されている。

つまり老子は、人の営みや自然現象は偉大なる法則である道が司っており、それらは全て自然(おのずとなっているもの)と考えたのです。

理解しようと頑張っていますが、わかったようなわからないような^_^;

でも2500年前の思想だと思えば凄い事だと思います。

僕等が今知り得ている宇宙の知識や謎だって2500年後にどうなっているのかなんて想像すら出来ません。

1章では
道の道とすべきは常の道に非ず

名の名とすべきは常の名に非ず

とあります。(何となく格好良い)

これこそが理想的な生き方だと世の人が唱えるような道は本当の道ではない。

これこそが真実の言葉だ!といえるような言葉は本当の言葉などあらわしてはいない。

という意味です。



全てを包み込むような包容力は感じますが、教えの実体に掴みどころを見いだせません。

めちゃくちゃ面白いのに、教えを上手く自分に落とし込めないのは、きっと今の僕が失意の時ではなくて、得意の状態なのかも知れません。

読む時期間違えたかな💧

今度はこちらを読んで勉強してみます。
TAO 2_a0135326_22275145.jpg

by tsukidate-dc | 2020-02-20 10:50 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

TAO

孔子の『論語』の次は、古代中国2大古典と称される『老子』を読んでみました。

めちゃくちゃ面白かったです。

『老子』はおよそ2300年前に書かれたとされていますが、この頃は本が無いために竹簡に記されたものでした。文字数にして5000文字程度の81章からなる格言集でストーリーはありません。著者の老子については不明で、伝説上の人物とされています。

ん?

老子が書いた本の名前が老子?

しかも伝説上の人物?老子はいないの?

もう、疑問だらけでした。

そもそも孔子、孟子、荀子、老子、荘子、孫子などなど、やたらと子が多いのは、日本の女性の名前に○○子が多いようなものか?程度に思っていたのですが、中国では学徳のある人物の尊称だそうです。「先生」のような感じだと思います。

なるほど、「子曰く」は「先生が仰るには」という事になるわけです。

著者の老子の存在については、本当に諸説あるようです。存在時期についても、孔子と同じく春秋戦国時代です。孔子のライバルだったとも言われていますが、孔子よりも少し前だという説もあるようです。

しかしながら2100年前の史記には「老子なのでは?」という人物が3人挙げられているのです。中でも一番有力候補なのが老耼(ろうたん)です。

いずれにしても孔子と老子は全く違う思想で、人々を救おうとしていたのです。
『論語』は得意の時に読め!
『老子』は失意の時に読め!
と言われる程です。

中国古典を読む上で大事だと感じたのはその時代背景を常に意識することでした。

周王朝の力が衰退し戦国時代に入るのですが、そうなると鉄の生産が普及し、同時に農業の生産力も高まった事で国力が急激に上がります。これを背景にして各国の熾烈な争いはさらに激化しました。

ですから、この頃は身分制度や社会制度も大きく変わった時代なのです。現代でいうと格差社会に等しいかも知れません。

一方で、この流れに乗れない、または敗れていった者達も沢山いたわけです。果てしない競争社会の中で生きにくさを感じる人が増えていきました。

こういう人達に老子の教えはウケたといいます


なるほど!

老子が現代、落ちこぼれのための思想
だとか、人や世の中が疲弊している時にこそ読むべき癒しの思想と言われる所以ですね。

では、実際にはどんな事が書いてあったのでしょう。

一言で言うと【道】=TAOについての書物です。

では、道=TAOとは?

続きはまた明日!
TAO_a0135326_23595324.jpg

by tsukidate-dc | 2020-02-19 23:58 | Dr.勇樹 | Comments(0)