人気ブログランキング | 話題のタグを見る

mRNA-LNPの高炎症性について

今日はもう一つ論文
mRNA-LNPの高炎症性について_a0135326_14461452.jpg

【プレクリニックで使用されたmRNAワクチンの脂質ナノ粒子コンポーネントは高い炎症性を示した】

【要約】

mRNAを含む脂質ナノ粒子(LNP)を用いたワクチンは、COVID-19に対する2つの主要なワクチンで使用されている有望な新しいプラットフォームである。臨床試験や現在行われているワクチン接種では、保護レベルや副作用の程度は様々である。しかし、報告されている副作用の要因はまだ十分に解明されていない。ここでは、前臨床のヌクレオシド修飾mRNAワクチン研究で使用されたAcuitasのLNPが、マウスにおいて非常に炎症を起こすという証拠を提示する。これらのLNPを皮内および筋肉内に注射すると、大量の好中球の浸潤、多様な炎症経路の活性化、様々な炎症性サイトカインおよびケモカインの産生を特徴とする迅速かつ強固な炎症反応が生じた。同じ量のLNPを鼻腔内に投与すると、肺で同様の炎症反応が起こり、高い死亡率が得られたが、そのメカニズムは解明されていない。このように、mRNA-LNPプラットフォームは、適応免疫反応の誘導をサポートする能力に優れているが、副作用が観察されたのは、LNPの炎症性の高い性質に起因すると考えられる。

mRNA-LNPの高炎症性について_a0135326_15144812.jpg

mRNA-LNPの高炎症性について_a0135326_15144908.jpg

mRNA-LNPの高炎症性について_a0135326_15145078.jpg

mRNA-LNPの高炎症性について_a0135326_15145008.jpg

mRNA-LNPの高炎症性について_a0135326_15145126.jpg

結論を要約してまとめると、
1.mRNAを構成する脂質ナノ粒子(LNP)の毒性が認められた

2.経鼻投与した場合、24時間以内にマウスは死亡した

3.mRNAワクチンの懸念事項は核酸医薬としての副作用や免疫への影響だけではなかった

という事です。

つまりワクチンに含まれる成分が、シンプルに毒性物質である可能性がさらに高まったという事

by tsukidate-dc | 2021-12-22 12:45 | Dr.勇樹 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://tsukidate.exblog.jp/tb/241312510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ワヤだぁ〜 また一つ根拠の上積み >>