人気ブログランキング | 話題のタグを見る

1つ明かします

昨日、無事に息子を天へ送り出しました。


触れることも、会話することも叶わなくなった肉体とのお別れは辛いですが、魂との繋がりは今後も育んでいく所存です。


僕なんかより遥かに優しく、天使のような子だったので、その優しさを受け継ぎ、その優しさを息子の最大の形見だと想い、共に成長して生きたいです。






今日は一つ明かします。


何故、そんな僕がこの時期にアメリカ大統領選挙にこだわっていたのかの一つの理由です。


息子の病気と大いに関係していました。


それは一年半、藁をもすがる想いで息子を助ける手段はないか、模索していた事に起因します。


あれだけ【科学的根拠】に拘っていた僕でしたが、息子を救う為ならと全ての拘りは捨てました。


従来の治療の検討はもちろん、あらゆる治験も検討し実際に行いました。


高濃度ビタミンC投与や徹底した糖質制限、CBDオイル投与、フランキンセンスオイルによるマッサージ等お医者様が鼻で笑いそうな事に至るまで、同じような病気を抱えたお子様を持つ方々との交流の中で、知恵をお借りして様々検討し、実行してきました。


その後もありとあらゆる治療を模索した結果、僕の中で辿り着いたのがクライオニクスメドベッドでした。


どちらも本気で考えた時がありましたが、去年の段階では都市伝説の域を出ていませんでしたので、情報もコネもなくなす術はありませんでした。


ブログでも話した通り、キッカケ自体はアメリカ大統領選挙に関する主要メディアのフェイクニュースに疑問を感じたのが始まりです。


メドベッドに関しては、昨年11月の下旬頃に知ったので息子はすでにほとんど寝たきりになっていた頃です。


現実味がない夢のような治療機器に想いを馳せる一方で、目の前にある残酷な現実とも向き合わなければならず、誰にも相談出来ずに葛藤しておりました。


トランプ大統領は、何十年、いや、何百年と一部の支配層が独占してきた既得権益をすべて壊し、これまでの金融システムを含めた歴史的大改革を成し遂げようとしていました。


アメリカ国民のために財産を失ったトランプ大統領と自分達の財産のためにアメリカを捨てたバイデン。


正確にはその背後の1%の支配階級の連中の事を指します。


連中が主権を握れば、未来はないと確信しました。


トランプ大統領が選挙に勝てば、メドベッドにより早期に多くの人々が病気から解放される可能性が高くなるのは明らかでしたから、1月6日に大規模不正選挙によって負けてしまったのは残念ですが、今後世界緊急放送や大量逮捕がもし現実に起こるなら心から願っています。


そして主要メディアにより洗脳されてしまったいる世界中の人達が真実を知ることで本当に国民が豊かになる為に、命をかけて働いているのは誰なのか?


そして、本当にあなたの為に言葉を発してくれているのが誰なのか?


気付くキッカケになって欲しいと切に願います。


個々が見定める能力が必要な時代に入りました。


もう、主要なオールドメディア(TVや新聞)も主要なビックテックメディア(FacebookやTwitter)も信用を失いました。世界共産党になりつつあります。


皆様自身が見極めるしかありません。


その為に、これまでの常識や、みんながそう考えているから!ではなく、一度ご自身の心に問うてみて下さい!

その時に何か違和感があったり疑問が生じたら、それがあなたにとっての真実への道です。


知らない事を否定する癖を可能な限りなくしましょう。


情報を受け入れる時は、耳で、目で遮断するのではなく一度心まで受け入れてから取捨選択するようにしてみて下さい!


大丈夫です。皆様に語りかけながら、自分にも言い聞かせています。


僕も皆様と同じです。


わざわざ僕なんかの拙い文章を読んで下さっている皆様もそうですが、僕も大切な周りの人達が少しでも幸せになる情報があれば、可能な範囲で届けたいと思います。


受け取るかどうかは皆様次第です。


今後とも変わらぬお付き合いをして頂けたら嬉しいです。
1つ明かします_a0135326_08064709.jpg
1つ明かします_a0135326_08091856.jpg


映画【エリジウム】に登場していました。

by tsukidate-dc | 2021-01-11 21:21 | Dr.勇樹 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://tsukidate.exblog.jp/tb/240789352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< から揚げ一人前無料⁉︎ まだ間に合います!是非一歩踏み... >>