人気ブログランキング |

密室の緊張感

只今、仙台に向かう新幹線内から投稿中です。


乗り物に乗っている時間(一人での移動時間)はあまり好きじゃないので、ブログを書くには丁度良いです。


けど、


本題に入る前に聞いてもらってよろしいですか?


納得いかないというか意味不明というか気色が悪いので、いったいどういう事なのか教えて欲しいです。


今日は本題に入れないかも知れません。


僕はいつも新幹線のチケットは『えきねっと』アプリで購入しています。


その際に座席表で空いている席を探すのですが、今日は乗車時間の3時間前という結構ギリギリの時間で購入しました。


何故ならガラガラだったからです。


僕が選んだ車両も3名分くらいしか席は取られていませんでした。


見事にガラガラです。


僕は近くに誰もいない2列シートの窓側の席を選びました。


寒いので暖かい缶コーヒーを買い、いざ乗り込むと、、、


僕の隣の席に初老の男性が座ってきました。


「えっ!💦」


僕は何度も自分のチケットを見直し、同時に隣のおじ様を何度もチラ見してしまいました。


状況がおわかりになりますか?


ガラガラの新幹線の車内で、僕の、いや僕達の席だけ満席なのです。


前も


横も


後ろにも


誰もいないのにです。


何故、しなくても良い緊張をしなくてはならないのか頭を整理してみましたが余計に混乱してしまいます。


乗車時間の3時間前には【確実】に空いていた席なので、このおじ様が購入したのは僕よりも【後】という事になります。


問題はここからです。


いったいどんな経緯で、この席を選んだのか?


考えたくありませんが、この方が自ら選んだとしたら、ちょっと怖すぎます。


そうだとしたら、僕は今すぐに立ち上がらなければなりせん。


みどりの窓口で、「どこでもいいよ」と言った事に対して、駅員が座席表から選んだとすれば、駅員の悪趣味としか言いようがありません。


無人券売機で機械がランダムに選んだとしたら、その機械は破壊せねばなりません!
(もちろん冗談です)

AIが判断していたとすれば
「何を気ぃ利かせとんねん!」とツッコミたいです。

何故、これしきの事で僕がこんなにリアクションするのかというと理由があります。


実は、全く同じ状況が以前にもあったのです。


しかも、つい最近。


ですから、座席を選ぶ際は慎重に選んでいたのです。


だからこそこんなに沢山の席が空いている中で、

何故に?

と考え込んでしまったわけです。


あれ?


隣のおじ様はスヤスヤとお休みになられたようです。


意外と寝顔はキュートです....


さあ、もうすぐ仙台。


やはり本題には入れませんでした。


今日はここまで。


降りまーす。


皆さんならどの席を選びます?
密室の緊張感_a0135326_19233508.jpg

by tsukidate-dc | 2020-02-08 18:40 | Dr.勇樹 | Comments(0)  

<< 華の湯 Risk >>